お問い合わせ、無料医療相談予約、資料請求はこちら
閉じる

お気軽にお問い合わせください。

【診療時間】9:00~18:00(予約制)
【休診日】土曜日/日曜日/祝祭日
お電話でのお問い合わせ ▼
TEL 092-717-2211
WEBからのお問い合わせ ▼
無料医療相談予約allow 資料請求allow お問い合わせallow

スタッフブログ

肺がんについて

今回は肺がんについてお話ししたいと思います。
肺がんは、気管支や肺をおおっている細胞(上皮細胞)から発生するがんで、小細胞肺がんと非小細胞肺がんの2つに大きく分けられます。小細胞肺がんは他のがん細胞に比べ小さいためそのように名づけられています。小細胞肺がんは肺がん全体の約10~15%、残る85~90%が非小細胞肺がんです。小細胞肺がんと非小細胞肺がんとでは、病気の特徴や薬の効きめが大きく異なります。

小細胞肺がんは増殖のスピードが速く、見つかった時にはすでに他の臓器へ転移していることが多い、極めて悪性度の高いがんです。その反面、抗がん薬や放射線が比較的よく効きます。したがって、多くの場合、手術ではなく、抗がん薬や放射線で治療を行います。

非小細胞肺がんは、組織型によって腺がん、扁平上皮がん、大細胞がんなどがありますが、いずれも小細胞肺がんに比べると増殖のスピードは遅いものの、抗がん薬や放射線が効きにくいがんです。ただし早期に見つかり手術で完全に取り除くことができれば、完治する見込みは十分にあります。

おもな症状には咳や胸痛、呼吸困難などがありますが、肺がんに特有の症状はありません。また、進行してもこうした症状がほとんど出ない場合も多々あります。そのため早期発見が難しいといわれています。明らかな原因がないのに咳や痰が2週間以上続く場合や、痰に血が混じる時は、早めに医療機関を受診することが望まれます。

早期発見には、胸部X線検査(レントゲン)、胸部CT、喫煙者には喀痰検査が行われます。1年に1度は受診して検査を受け、早期発見に努めましょう。

タイトルとURLをコピーしました